特定小電力無線送信機に各種設備からの接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると100〜300m離れた場所の無線受信機へ自動連絡。パトランプや接

利用方法

1.製造工程内で出力される接点信号を100m離れた事務所で受けたい。
接点信号を特定小電力無線送信機で無人監視することができます。送信機に入力された接点信号の異常を電波で連絡、受信機が電波を受信するとパトランプやブザーを鳴らして報せます。 受信機から接点信号を出力することもできます。

 

2.漏電警報器から出力される接点信号を電波で事務所に自動緊急連絡する商品を探しています。100mほど先ですが可能ですか?
本製品をおすすめします。もし途中に壁などの電波の障害物のある場合や建屋が個となる時には、 独立送信アンテナユニットと受信アンテナユニットが互いの見通しの利く位置に設置できれば送受信しやすくなります。 アンテナユニットは屋外に設置出来るように防雨仕様にすることができます。