特定小電力無線接点信号伝送非常通報装置

特定小電力無線接点信号伝送非常通報装置

施設の設備や警報盤の接点信号(無電圧a接点信号)を無人監視。発報を確認すると離れた場所の自動転送し受信機から接点信号出力を行います。見通し100〜300mまで転送可能です。

 

4グループまで設定できます。※同一エリア内で混信しないように設定出来ます。

 

接点信号を入力された無線発信機は特定小電力無線で離れた受信機へ自動通報を行います。
各種の設備、警報盤、計測機の24時間無人監視。低予算の無線監視通報システムを使って販売現場、製造現場、運送などの機械異常の無人監視や保守作業員の人員の合理化、少数化、仕事の手間や労働力をはぶきます。

 

 

各種設備装置、警報盤の無線発信機を接続します。無電圧a接点出力端子が必要になります。

無電圧a接点信号が発信機に入力されます。

特定小電力無線発信機
ケース内部の端子台にケーブルで接続します。

特定小電力無線。見通し100〜300m

特定小電力無線受信機
発信器からの電波を受けると無電圧a接点信号出力を行います。受信機にはパトランプをつないで警報を発することもできます。

 

日本製の商品です。日本国内の工場で組み立て開発が行われている商品です。

 

  • 本システムは受注生産品です。以下のような仕様のご相談を承ります。下記の送信欄からお気軽にお問い合わせください。
  • 送信機、受信機の電源の仕様:AC100V、AC200V、ソーラー方式、充電バッテリ方式など。
  • 屋外設置をご希望の場合は防雨ケース仕様での組み立てのご相談を承ります。
  • 送信部分、受信部分とも複数台の機器構成のご相談を承ります。
  • お見積もりのご依頼は無料にて承っております。
  • 事前の現地での通信テストのご相談。
  • 本製品は日本国内の工場で開発、組立が行われています。点検修理なども早く対応できます。
  • 取り付け工事は簡単です。移転の際の移設も簡単です。

 

独立送受信アンテナ
送信機と受信機の間に障害物がある場合は、送信機受信機から独立したアンテナを使って電波を送受信出来る環境にする事もできます。
外部送信アンテナを使ったイメージ図。障害物を迂回してアンテナどおしが見通しの利く状態にします。

 

 

-商品概要-
監視物件側に既設の各種警報機の無電圧リレーa接点に遠隔送信機を接続します。 接点信号を感知した送信機は、離れた遠隔受信機へ特定小電力無線で通報します。 最大見通し300m先まで通報が可能です。
遠隔受信機には、各種回転灯(アロー製、パトライト社製など)を接続することができます。

 

送信機、受信機とも電源はAC100V(家庭用電源)です。
※太陽電池駆動、AC200V駆動に改造して納品した例もございます。

送信機と受信機の動作

接点信号により電波を発信する遠隔送信機(特定小電力無線受信機)
内部の入力端子台に無電圧a接点出力信号が入ると電波送信をはじめます。
信号の入力が停止すると電波発信は止まります。

用途

各種警報機の24時間異常監視、製造業、工場内の作業機械などの設備の運営効率の向上、無人化、省力化、生産性向上,無駄ロスを排除,ミスの防止と迅速なトラブル対応にお役に立てます。

 

工場、倉庫、大型ホール、野球場、テストコース、研究施設、市場、港湾施設、鉄道施設、役所、自衛隊、移動する工事現場など様々な場所でご利用いただいております。
低予算の無線監視通報システムを使って販売現場、製造現場、運送などの機械異常の無人監視や保守作業員の人員の合理化、少数化、仕事の手間や労働力をはぶきます
受注生産品ですので、屋内での使用、屋外での使用などご要望に応じて仕様のご相談をさせていただいております。