送信機と受信機の間の通信距離や通信範囲を伸ばす際に利用します。受信アンテナで遠隔送信機からの電波を受信すると発信部から同一の周波数の電波を再送信します。

特定小電力無線中継機(※必要時)

特定小電力無線中継機

 

送信機と受信機の間の通信距離や通信範囲を伸ばす際に利用します。
受信アンテナで遠隔送信機からの電波を受信すると発信部から同一の周波数の電波を再送信します。
標準電源:AC100V。

 

アンテナ→受信部。送信機の方向に取り付けます。
ケース→送信部。受信機の方向に取り付けます。

 

アンテナ〜送信部を繋ぐケーブルは標準で4m。最長10mまで伸ばす加工が可能です。

 

 

※中継機のご利用の際は機械の配置など事前にご相談ください。

 

特定小電力無線中継機の利用方法

1階から3階へ連絡。吹き抜けの階段室に中継機を置いて1階→3階の事務所へ通報するイメージ図。上下繋がった階段室の空間を利用して電波を流します。
1階から3階へ連絡。吹き抜けの階段室に中継機を置いて1階→3階の事務所へ通報するイメージ図。上下繋がった階段室の空間を利用して電波を流します

 

 

 

建物の壁が電波を遮断する場合。廊下の角に中継機を設置して見通しの利かない部屋と部屋の間の電波を中継する運用イメージ。
外部送信アンテナ側に中継機の受信アンテナを設置します。
建物の壁が電波を遮断する場合。廊下の角に中継機を設置して見通しの利かない部屋と部屋の間の電波を中継する運用イメージ。

 

 

 

屋外用の中継機を使って作業現場と異なる別の建物へ異常を知らせる運用イメージ図。
特定小電力無線の電波自体は指向性はありませんので、イメージ図のように電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。 送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。 ソーラー電源方式の中継機も製作できます。
電波を遮断する建物や塀を迂回して通信距離を伸ばすこともできます。 送信機からの電波を直角に迂回するようにして、受信機のアンテナまで届かせます。 ソーラー電源方式の中継機も製作できます。